続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< メッセージ返信その2 | main | 02:山崎(ギロチンヒット後の生発動からの崩し) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
00:キングの打撃投げに後転した場合の反撃について
※ストライカーはとりあえず横に置いて考えます。

キングの打撃投げを読んで後転でかわした場合、打撃投げの硬直に反撃したいところです。ただ、打撃空振り時の攻撃がなかなかイヤラシイ性能をしているため反撃する方法によっては逆に打撃投げを途中から食らってしまう場合があるので注意が必要です。

以下、いくつかの反撃方法について確認してみました。

・前提
打撃投げの最後の攻撃判定が消えてからキングの硬直は13フレームしかない。

・後転→ダッシュ
最速ダッシュすると打撃投げの最後の攻撃を食らってしまいやすいためイマイチ。

・後転→前方大ジャンプ
リバサ大ジャンプになります。キングが打撃投げ空振りで最後に前に滑ってくるためすれ違いになってしまうのでイマイチ。

・後転→前方中ジャンプ
最速で入力すると大ジャンプに化けやすい。よって一瞬待つ必要があるが、中ジャンプでも前に出てくるキングとすれ違いになるキャラが多く、イマイチ。

☆後転→前方小ジャンプ
安定。これを覚えるべき。キングが前に滑ってくるのでちょうど連続技を決めやすい。

・後転→前方ノーマルジャンプ
一番入力がしやすいが、ジャンプの滞空時間が短くないと確定しないし、ジャンプ距離が短くないと飛び越えてしまうのでイマイチ。

・後転→滑ってくるキングを待って通常技始動連続技
キングの滑ってくる距離が微妙すぎて後転しただけでは近距離技が出ない。よって近距離攻撃を出すには前進する必要があるので難しい。
屈み攻撃始動の場合は前に出る必要はなくなるが、遠めでヒットするためその後に何もつながらないキャラが多いのでイマイチ。
| MOT | KOFその他 | 18:20 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:20 | - | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE