続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< 02UM:表シェルミーの発生&硬直差フレーム | main | 02:キム(近A空振り→近Cのひっかけ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
KOF:詐欺飛びは簡単なのか?
■結論
まず、この記事で自分が言いたい結論を最初に書いておきます。

起き攻めで覚えるプロセスは、『空振りしない』→『重ね』→『詐欺飛び』の順ではないか?

■説明
『詐欺飛び』というテクニックがあります。

相手の起き上がりにタイミングよくジャンプ攻撃を重ねると、相手が何もしなければヒットし、ガードしていればガードさせられ、そして無敵技を出していてもこちらが着地してガードが間に合うというものです(更にいえば、基本的にはGCC+Dされてもガードが間に合います)。

相手のぶっぱなし(&GCC+D)を防げるためぜひとも覚えたいテクニックです。

しかし、実際にはいくつかの問題があるため成功させるのは簡単ではありません。

・相手キャラによって起き上がりの時間が異なる
これにより、同じ技を決めてもこちらがジャンプするタイミングを変更する必要があります。

・相手キャラの無敵技の発生フレームにより、成功するタイミングの猶予が異なる。
相手がダウン時にダウン回避しなかった場合、リバーサルで無敵技を出すと起き上がり硬直を実質的に2フレーム早くすることができます。それに加え、ジャンプの着地の1フレームの存在により、『非ダウン回避時の起き上がり時に、発生3フレーム以内の無敵技を出された場合は詐欺飛びが不可能』になります。
(逆にいえば、ダウン回避後の無敵技は、発生1Fの技でなければ詐欺飛び可能です。98の一部のGCC+D(発生1F以内)以外に対しては詐欺飛び可能ということになりますね。)
3フレーム以内の技はできないのはしょうがないとしても、発生4フレームの技に対する詐欺飛びは猶予なしになります。


以上の理由により、なかなかの難易度が要求されるテクニックだと思います。


では、どういう順序で覚えるべきか。

まず、ジャンプ攻撃を相手の起き上がりにガードさせようとしたが、失敗して相手の起き上がる前に着地してしまうのはできるだけ避けないといけません。相手に1Fコマンド投げがある場合は逆2択を迫られてしまいます。

よって、まずは『ジャンプ攻撃が空振りしないようなタイミングを覚える』。
これなら結構猶予があります。

慣れてきたら、相手がリバーサル大Jで回避しようとしても空中ヒットさせられるようになるとなおいいですね。


次に覚えるべきは『重ね』。

起き上がった相手にジャンプ攻撃が重なることにより、相手が無敵時間のない対空技を狙って来ても潰せるようになります。
『空振りしない』場合に比べ、ややタイミングがシビアになります。

実戦ではここまでできるだけでも効果があると思います。
相手に頼れる無敵技がなければ、ここまででもほぼ問題ないですしね。

そして、いよいよ『詐欺飛び』
『重ね』が狙ってできるようになってきたら、ジャンプするタイミングを微調整して狙っていきましょう。
具体的には、自分がよく対戦するキャラに対して限定で覚えるといいです。


重ね&詐欺飛びができるようになった場合の副産物として、相手が暴れ&リバサ無敵技を控えてくれるというのものがあります。実際には重ねや詐欺飛びができていなくても、相手が勝手に迷って自重してくれるわけですね。

こうなるとこっちのペースです。
重ねや詐欺飛びを狙うのを基本として、あえて一瞬だけ遅めのタイミングで飛び込み、ジャンプ攻撃を出さずに相手の投げ無敵が切れるところに着地コマンド投げを狙ったりできるようになります。

ちなみに、クラークやユリで相手を画面端に追い詰め、相手がリバサ大Jした場合のみ空中投げに化けてくれるジャンプ攻撃は、重ねになってないです。わざと一瞬遅めにジャンプして狙うわけですね。
| MOT | 02システム&テクニック関係 | 13:39 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:39 | - | - | pookmark |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE