続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< ニコニコ動画:サムスピ(初代)対戦動画 | main | 02前転の移動距離の差について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
02:前転を見てから打撃技で反撃する場合の猶予について
□まず最初に
前転に対しては、見てから連続技で反撃するのが理想的です。
しかし、自分はどのくらいの猶予なのかを数字で考えたことがありませんでした。
そこで、実際に前転を見てから通常技を決める猶予を考えてみました。

□連続技を狙う場合の猶予について
その素材として、ビリー対キムで、キムの前転(全体33F)を見てからビリーの屈みC(4F)を決める猶予を調べてみます。

結果:
前転の動作開始から14〜24Fの間でCを押せば、屈みCが確定するみたいです。
よって、前転33Fのキャラに対して発生4Fを狙う場合の猶予は24Fということになりそうです。

□通常投げを狙う場合の猶予について
では、通常投げの場合はどうでしょうか。

結果:
前転の動作開始から27Fまでの間に通常投げを狙えば、投げ外しされないみたいです。
よって、前転33Fのキャラに対して通常投げを狙う場合の猶予は27Fということになりそうです。

□これを基に考えてみると…
・前転の動作の短いアテナ(29F)、庵(31F)、メイ(32F)の隙に連続技を決める猶予はかなり少ない。特に発生5F以上の技だと困難と思われる。

・連続技を狙う際は始動技の発生速度が非常に重要になってくる。キャラによっては、通常投げで安定させる方がいいかも。

・猶予を見ていると、予測&集中していないと連続技での反撃は困難なことが明白になった。

□メモ
・ジョーの屈みC(発生6F)で庵の前転(31F)を潰す場合の猶予:20F
・キムの近C1段目(発生3F)でビリーの前転(33F)を潰す場合の猶予:25F
| MOT | 02システム&テクニック関係 | 11:26 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:26 | - | - | pookmark |
ビリーだと前転で密着されると隙に2Cが当たらない気がするんですけど
距離とかまで考えるときついっすねw
|   | 2007/09/28 3:48 PM |
そうですねー。密着はともかく、裏に回られる距離での前転はやっかいですね。

一応、密着の場合は前転を見てから屈みCを出せば安定して逆向きに屈みCが出てヒットさせられるはずです。

問題は、密着より少し離れた距離からの前転で、見てから屈みCを出すと正面に出て空振りしてしまい、そこから連続技を食らってしまうようです。
| MOT | 2007/09/29 10:10 AM |
キムの近Cでも密着で前転の隙に当たらないことがあるっぽいんですけど
2段目をガードさせられるので隙にフルコンもらったりしないのが
禿げと主人公の違いですねwww
|   | 2007/09/29 4:25 PM |
キムは本当に恵まれてますね。

近Cが2段で発生が早くてガードもさせやすいなんて、しっかり使えば前転も咎めまくりですね^^A
| MOT | 2007/09/30 12:40 AM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE