続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< 02:調整関係(尖りすぎな部分について) | main | 02:調整関係(ラルフの優遇点と冷遇点) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
02:調整(ヴァネッサの優遇点と不遇点)
※優遇点をなくしてほしいわけではありません。あくまで考える際の材料です。

■優遇点
・2段技の強攻撃のゲージ増加量がものすごく多い。
通常キャラの強攻撃のゲージ増加量:12
ヴァネッサの強攻撃のゲージ増加量:18
ヴァネッサの2段技強攻撃のゲージ増加量:36

・ゲージなしでGCC+D無効化余裕でした。
通常技ビジョンがすごいんです><;

・連続技全般のダメージがとにかくでかい。

・発動コンボも恵まれてる。

・6Aの発生が早く見てから立ちガードできない上に発動コンボにもつながる。
しかも、下段技始動からも安定して発動コンボにつながる(ここが山崎とは違う。山崎は中段始動の発動コンボは恐ろしい減りをみせるが、対の選択肢の下段始動の発動コンボの実用性に疑問が残るため)

・MAX発動に投げ無敵あり。

・それぞれ特徴のある無敵技をいくつか持つ。
ヘリオンは狙われると潰されるが、ガードされてもごく一部のキャラを除いては反撃されない上に、ヒットすれば追撃可能で運搬距離も長い、全体として高性能な技だったりする。

・ダッシュパンチャーがガードされても反撃されない。
予測して下段技を置かれたりすると潰されるが、ガードされても反撃技がないのは優遇されてると思います。
追撃可能で、突進中は食らい判定が低くなり、空中の相手にもヒットする技がガードされてもあれだけの不利フレームでも済むのは優遇されてることは間違いないと思います。

■冷遇点
あまり思いつかないですねー。

強いていえば、屈みガードの食らい判定の高さが強キャラにしてはめずらしく低くないってぐらいでしょうか。それでも高いわけでもないんで、冷遇されてるとまではいえないと思います。
| MOT | 02調整案 | 06:11 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:11 | - | - | pookmark |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE