続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< 2008年12月のアクセス数 | main | 日常:日常雑記その8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
98:京(端の相手に対しての昇り擬似中段奈落落とし)
■はじめに
02や98では、端の相手に前ジャンプして端に密着した状態でジャンプ攻撃を仕掛けると相手は屈みガードできません。
(正確には、逆屈みガード入力しないとガードポーズを取れなません。)

しかし、ジャンプしてる相手に対して屈みガードすることはまず考えられません。

よって、このネタを生かすには昇り気味のジャンプ攻撃でないと意味がないことになります。

しかし、ジャンプ攻撃を高い打点でヒットさせると連続技につながりません。
(それどころか、反撃される危険性さえあります。)

■98京の場合
その点、京の奈落落としは特殊技のため相手の食らい硬直が長く、小中Jで出せば高い打点でヒットさせても地上技につながります。

しかし、実際に試してみると昇り中J奈落は屈んでいる相手にはヒットしません。

そこでもう少し考えてみます。

相手をダウンさせ、起き上りに昇り中J奈落をタイミングよく仕掛けることで、相手が正面屈みガード入力をしていた場合は「しゃがみ移行モーションの最初の食らい判定が高い部分」に奈落がヒットします。ややシビアですが地上技にもつながります。

■画像付きで


相手をダウンさせ



起き上がりに中J奈落をタイミングよく仕掛けることで




相手が正面屈みガード入力をしていた場合は「しゃがみ移行モーションの最初の食らい判定が高い部分」に奈落がヒットします


ややシビアですが地上技にもつながります。
| MOT | 98 | 21:16 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:16 | - | - | pookmark |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE