続雑記(仮)

MOTによる雑記です。KOFのことや日常について書いてます。
<< ぷよぷよ:究極連鎖法の初手2組の置き方について | main | 98UM:98UMBBSの初心者スレを読んで思ったこと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
02:対キム(屈みA→屈みD対策について)
作成:2009/03/31
更新:2009/4/1

■対策を始める前の材料■
キムの屈みAはガードされても2F有利。
キムの屈みDの発生は8F。
よって、隙間は最短でも6Fあることになる。
そして、キム屈みDの全体モーションの長さは34F。

※すいません、以下の記事はうまくいくかどうかは実際には試していません。時間ができたら確認します。

----
■対策その1 前転■
庵、アテナ、メイ以外はキムの方が1F早く動きだせるため通常投げが確定してしまう可能性がある。
通常投げは確定しないとしても、こちらの攻撃も何も確定せずに不利フレームを背負うことになるので、あまりいい手とはいえない。
(アテナは前転後に屈みD空振りを確認してから弱サイコソードor弱強SCBが確定しそう)
→確認しました。アテナの弱サイコソードと弱強SCBは確定しました。

■対策その2 屈みAにGC前転■
連続技で反撃できるはず。
問題は、屈みAにGC前転した場合にキムが屈みDを出してくれるかどうか。

■対策その3 無敵技や当て身投げ技などで直接返す■
距離が離れている上に屈みDを出しているキムの食らい判定が低くなっているため、無敵技でも返せるものと返せないものがある。
下段無敵がある技でも返せそう(候補:アンディの弱闇浴びせ蹴りやクローン京の琴月)

■対策その4 前方小中J■
隙間が6Fあるので、最速で小中Jすれば屈みDに引っかからないはず。
↑ノーマル大Jはキムの硬直に確定しないキャラがほとんど。
↑屈みAを屈みガードしているであろうから、中Jを出すのは結構難しい。
↑レオナなら、後方小Jして、キムの屈みD空振りを確認して強Vスラが可能かも(屈みDの空振りに当たらなかったらすいませんw)
↑読み負けると対空されてしまうのはしょうがない。3すくみの場面ですからね。
→確認しました。小中Jで飛び越えつつ連続技を決めることは可能です。あと、レオナの場合は後方ノーマルJにすれば簡単に最速Jできていいですね。自分から大きく後ろに下がってしまうのは難点ですが…。
| MOT | 02:キャラ別攻略 | 06:52 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:52 | - | - | pookmark |
しゃがみA覇気キャンしゃがみDに当たりそうな予感
| | 2009/04/02 12:12 PM |
コメントありがとうございます。
確かに屈みAが近めで当たった場合はひっかかるかもしれないですね。

ただ、基本的に対戦で屈みA→屈みDの連係を使う場面って屈みAの先端気味を当てる場面がほとんどだと思うので、その距離だと覇気脚自体が空振りしてしまうんじゃないかと思います。
| MOT | 2009/04/02 1:03 PM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
    カウンター(2010/1/30-)      
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE